So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

テレビをなくしてもっと多くの会話を [家族と子育て]

僕の子育てで、最近感じていることはテレビを食卓からなくすということである。
テレビがなければ、もっと多くの会話をすることが出来る。

いじめも自殺も結局は親が子供を守りきれなかったことが原因ではないだろうか?と思うのだ。

もっと多くの会話をしてもっと子供を見守ってあげなければいけない・・と。

人間ってなんでも誰かのせいにしたがるところがあります。
やれ、学校が悪いだの社会が悪いだの・・
でも、結局は子供の一番の理解者であり、一番の見方は・・親なのですね。
当たり前ですが、親は子供にとって希望であるし、また希望でなければなりません。

僕は最初の子供が産まれたとき、そのことを思いました。
でも、ふとした瞬間それを忘れてしまっていることに気付きました。

子供にとってお父さんお母さんは世界で唯一の存在です。
ただほど高いものはありません。
子供だって父さん母さんがセックスをして当たり前のように産まれた・・と思うかも知れませんが、その当たり前が人にとって一番大切なことのように思います。

親って本当は大変なんですよ。
食わせてれば体は勝手に大きくなります。
でも、心の成長は親とのコミュニケーションしかないのだと思うのです。

僕なりの考えですが・・。

今日、そんなコラムを「ピンク・レディーの風」に載せました。
よかったら読んでみてね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1